トップページ >> Brake Pad 使用上のご注意

Products

Brake Pad 使用上のご注意

Axis Disk Brake Padは以下の事項をよくお読みになってご使用ください。


危 険

  • 走行目的に合った材質(タイプ)をご使用下さい。走行目的(条件)に合わない材質(タイプ)を使用した場合(又は使用範囲を超えた場合)、本来の性能を損ない事故の原因となる場合があります。
  • 走行中万一異常を感じた場合、直ちに走行を中断し、適切な修理・交換作業を行って下さい。
    無理に使用を続けると制動力が低下し、事故の原因となります。
  • パッドの交換直後は必ずブレーキペダルを数回踏み、ペダルストロークの確認を行って下さい。
    そのまま走行すると制動力が得られず、事故の原因となる場合があります。
  • パッドの交換後暫くの間は、パッドとローターが馴染んでいない為、本来の制動力が得られない場合があります。
    パッドとローターが十分馴染むまで(市街地走行約100km)十分余裕を持ったブレ−キングを実施して下さい。

警 告

  • ブレーキパッドの改造・加工は絶対に行わないで下さい。
    パッドの破損又は本来の性能が発揮出来ない場合があります。
  • 適用車型以外の車両への装着は避けて下さい。制動が得られず事故の原因となる場合があります。

注 意

  • 「Axis Sports PAD」は純正または純正同等材とは異なり制動力・使用温度域の向上を目的として開発されている為、ダスト・摩耗・ノイズ・ローター攻撃性等において性能が劣る場合があります。
  • 本製品取り付け作業は、認証を受けた整備工場に委託して下さい。
    また、他のブレーキシステム(フルードの漏れ、劣化、液量、キャリパ−及びピストンの動き等)についても異常が無いことを確認して下さい。
  • ディスクローターが車両メーカーの定める摩耗限度を超えていたり、傷がついている場合は、交換もしくはローター研磨を行って下さい。
  • 当社スポーツパッドは摩耗センサーが無いものが多く、又、摩耗進行度合が通常のパッドより早い場合があります。
    定期的に点検を行い、裏金部分を含むパッドの総厚みが10ミリ以下になった場合はすみやかに交換して下さい。
  • 本製品は、厳重な品質管理に基づき製造しておりますが、装着前に外観、形状の異常有無を必ず確認して下さい。

<< 前のページに戻る

ページの先頭へ